特集ーお家のことを知る・見る

【補助金】工事をするなら今!こどもみらい住宅支援事業を活用してみませんか?

工事を考えている方に朗報!

今なら「こどもみらい住宅支援事業」の補助金を使ってお得に工事できます!

これまでの制度は、ポイントで商品と交換するようになっていましたが、
今回は現金での支給となりました。

最近、お客様からこの補助金の話が出ることも多く、

「我が家の工事は対象になるのか?」
「どれくらいもらえるのか?」など、

気になっている方も多いです。

注目度が高まっている「こどもみらい住宅支援事業」についてお話いたします。

こどもみらい住宅支援事業とは

こどもみらい住宅支援事業とは、
子育て支援や2050年カーボンニュートラルの実現に向け、

高い省エネ性能を有する新築住宅の取得(子育て世帯又は若者夫婦世帯対象)や、
住宅の省エネ改修等(全世帯対象)を行う場合に給付される補助金制度です。

「こどもみらい」という言葉が入っていますが、リフォームであれば全世帯対象となるので、
工事を考えているなら是非活用してほしい補助金です。

新築の場合は、子育て世帯・若者夫婦世帯に限られています。

  • 子育て世帯・・・2003年4月2日以降出生の子を有する世帯
  • 若者夫婦世帯・・・夫婦のいずれかが1981年4月2日以降出生の世帯

メモ

「カーボンニュートラル」について
二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの排出量と、植林や森林管理などによる吸収量を均衡させること
地球規模の課題である気候変動問題の解決に向けて、政府は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、カーボンニュートラルを目指すことを宣言しています

 

工事をするなら今!

こどもみらい住宅支援事業の注目度が高まってきているということは、
期限より先に、予算が上限に達してしまう可能性も十分あります。

審査にある程度時間を要しますので、早めの対応をおすすめします!

予算

1142億円
※令和3年度補正予算542億円に加え、令和4年度予備費等において600億円

期間

2023年3月31日まで
※「一定の省エネ性能を有する住宅」の新築については、2022年6月30日までに工事請負契約書または不動産売買契約を締結したものに補助対象が限定されます。

手続きはどうやってするの?

手続きは住宅事業者が行います。

手続きするには、事業者登録を行う必要があるため、工事をお願いする業者が、
こどもみらい住宅支援事業に対応できるのか確認することも重要です。

また、手続き方法としては、工事完了後に「交付申請」を行う方法と、
予算の確保ができる「予約申請」を行い、工事完了後に「交付申請」を行う方法があります。

工事完了後に申請するのは、予算がなくなってしまわないか心配
という方は、予約申請がおすすめです。

ココに注意

予算が確保される期間は3カ月間です。

手続の流れ

新築の場合

  • 工事請負契約の締結
  • 本事業用・共同事業実施規約の締結
  • 着工
  • 予約申請(任意)※予約から3カ月間予算確保
  • 一定の出来高の工事完了
  • 交付申請
  • 事務局による審査
  • 交付決定
  • 竣工・引渡し
  • 補助金の還元
  • 完了報告

リフォームの場合

  • 工事請負契約の締結
  • 本事業用・共同事業実施規約の締結
  • 着工
  • 予約申請(任意)※予約から3カ月間予算確保
  • 工事完了
  • 交付申請
  • 事務局による審査
  • 交付決定
  • 補助金の交付

どれくらいもらえるの?

そこで、気になるのは、給付される金額。

新築の場合、住宅の性能に応じて以下の金額になります。

新築(子育て世帯または若者世帯に限る)
一定の省エネ性能を有する住宅 60万円
高い省エネ性能等を有する住宅 80万円
ZEH住宅 100万円

※省エネ性能の基準に適合する住宅であると証明する証明書の発行が必要になります。


リフォームの場合、
対象となるリフォーム箇所に応じて算出します。

申請できる補助額は、5万円から
まずは、おこなう工事が対象になるのか、補助額の合計が5万円以上になるのか、確認してみましょう。

また、申請金額には上限があります。

リフォーム(全世帯対象)
一般世帯 最大30万円
子育て世帯または若者夫婦世帯 最大45万円
一般世帯で既存住宅購入(安心R住宅に限る)
子育て世帯または若者夫婦世帯、かつ既存住宅の購入 最大60万円

その他詳しい対象要件等は公式サイトをご覧ください。

こどもみらい住宅支援事業公式サイト

でも、どれくらいの工事で5万円以上になるのでしょうか?

例えば、こんなリフォームをした場合・・・

「システムバスの入替え」で以下のような工事をすると、

高断熱浴槽 ¥24,000

節湯水栓 ¥5,000

段差解消 ¥6,000

廊下幅等の拡張 ¥28,000

―――――――――――――――――――

合計¥63,000

になります。

そこに、窓の交換(14,000円~21,000円)や手すりの設置(5,000円)などをすればさらにプラスされます。

最後に

いかがだったでしょうか?

少しでも工事費の負担を軽くしませんか?

まとめ

  • 予算の上限・申請期限があるので早めの対応を
  • 申請は登録された工事事業者が行う
  • 事前に予算を確保できる予約申請も可能(3カ月間の確保)
  • 補助額は、新築の場合60万円から最大100万円
  • リフォームの場合、5万円から最大60万円

当社も「こどもみらい住宅支援事業」の事業者登録しておりますので、申請可能です。

姫路・たつの・太子近辺で工事を考えている方、
お気軽にお問い合わせください。

姫路・太子・たつのエリアでリフォームをお考えなら、
親身なご提案、安心施工、万全のアフターフォローが自慢のアスクホームまで

ご相談窓口はこちら

どんな事でもお気軽にご相談ください!

-特集ーお家のことを知る・見る

© 2022 株式会社アスクホーム