お知らせ キッチン

16帖のリビングダイニングキッチン | 姫路市

姫路市・T様邸にて、リビングダイニングキッチンのリフォームをさせていただきます。

施工前

壁や天井の黒ずみにより、電気をつけてもお部屋が暗く見えました。

換気扇が火元から離れた高い位置にあり、調理の際に発生した煙や油がうまく吸い取れず、

壁や天井に付着したままになり、黒ずみになっています。

さらに床には油汚れ等がこびりつき、スリッパで歩いた時にペタペタと音がしていました。

これは床材がクッションフロアであり、

クッションフロアは表面がビニール製のため、熱に弱く、タバコや熱湯をこぼしたりすると、

表面が溶ける性質があるため、ペタペタと音がします。

荷物移動

冷蔵庫の食材を取り出し、傷めないよう素早く作業します。

食器の梱包、家具の移動もお任せください!

解体中

キッチン回りのタイルは、一部を残し、その他を剥がします。

残した部分にキッチンパネルを貼り、

出来るだけ費用を抑えるよう工夫しました。

施工後

クッションフロアからフローリングへ。

フローリングは摩擦にも強く、耐用年数も長い。

しかもお掃除がしやすい床材なので手間がかかりません。

換気扇は手を伸ばせばとどく高さで、煙の吸収性も上がり、油の飛び散りも最小限に防いでくれます。

お客様からキッチンとリビングを分けたいというご希望がありましたが、

壁を作ってしまうと、とても窮屈になります。

そこで以前使っていた食器棚の下部を使用し、食器棚に合わせてカウンターを設置することで、

閉鎖感がなく、キッチンとリビングを分けることが出来ました。

壁のクロスはお客様がこだわり選んだグリーンのアクセントクロスを使いました。

お客様からは「以前使っていた家具も無駄にならず、クロスもいいアクセントになり悩んだ甲斐ありました。感無量です。」

とのお声を頂きました。

姫路・太子・たつのエリアでリフォームをお考えなら、
親身なご提案、安心施工、万全のアフターフォローが自慢のアスクホームまで

ご相談窓口はこちら

どんな事でもお気軽にご相談ください!

-お知らせ, キッチン

© 2021 株式会社アスクホーム